自分で作る | サロンを選び、ファッションを輝かせるネイルに変身させる

サロンを選び、ファッションを輝かせるネイルに変身させる

自分で作る

販売されている専用のキットを使えば、ネイルアートを自分で楽しむこともできる。
マニキュアは多くの種類が市販で販売されているので、簡単に自宅でもネイルアートができる。
ネイルアートにはポリッシュだけでなく、ビーズやストーンを使って絵柄を作ることもある。
こういったデザインの方法はインターネットなどでも方法が掲載されているので、デザインにおいて素人であっても簡単にお洒落なネイルができるのである。
ピンセットや細い筆など、自宅にある簡単な道具を使ってデザインを施せるので、試しに簡単に自分で施術してみても良いかも知れない。
ストーンやビーズも、小売店などで販売されているので、道具はすぐに揃えることができる。

ネイルは成分や乾燥の方法によって、呼び方が変わる。
その一つがジェルネイルである。
その名の通り成分がジェル状になっており、専用のライトを照射すれば硬くなるという性質がある。
硬くなるのでマニキュアよりも表面が保護される期間を長くすることができる。
しかも自宅用にもキットが販売されているので、簡単にジェルネイルを自宅で施術できるのである。
種類はソフトとハードの二種類があり、ソフトジェルは爪が弱い人が強化用に使うこともある。
用具はクリアジェルとカラージェルがあり、クリアジェルにもまたトップコートの役目をするものとベースに塗るものなどがある。
ジェルネイルで一番大切なのがライトであり、紫外線を発する。
キットとしてジェルや筆、ライトが合わせて販売されているので、合わせて購入すると便利である。